スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それゆけ!戦車!

久々の感想の記事ですー。

今回は、ホーズとウォーマシン両方に最初の拡張で足されたカテゴリーのバトルエンジンの
トロールに追加になったトロールキン ウォーワゴンです。

バトルエンジンは、共通して ヒュージベースで、コストがだいたい9Pのモデルです。
基本ルールのリーダーによるフォーカスやフューリーのリソース対象ではありません。
性能は様々ですが、ノックダウンしないルールがあるので、視線妨害に非常に貢献します。

P5240468.jpg

トロールキン ウォーワゴン (画像) バトルエンジン

 砲台をバッファロー(?)で引っ張っている戦車です。

同一ラウンド中に、レンジとメレーの攻撃する事が可能で、大砲はPOW16 AOE5で、当たる
とノックダウンするという夢のような射撃と、SP8 POW12の射撃をしながら、キャバルリーの
カテゴリーもあるので、ライドバイアタックという移動途中に攻撃する事が出来たり、
チャージ時にはインパクトアタックにアディショナルダイスがもらえたりと、様々な攻撃が
出来るため、使いこなしたと思えた事がないモデルです。


今回の感想を書いたワゴンですが、バトルエンジンとキャバルリーのルールを併せ持つ射撃系
モデルなためいつも、あの時 あんな行動が出来たんだよな~と思ってしまいます。

PPゲームは相手のリーダーを倒せば基本的に勝ちなので、相手リーダーの前にいる敵を
AOE5のノックダウン射撃でのきなみノックダウンに出来るため、相手にヒュージベースの
モデルがいないと、こいつと視界が開けた後に射撃で相手リーダーを倒す役がいれば
それだけで勝ち方になってしまう強力なモデルです。ですが、こういった攻撃はPPでは
どこのファンクションでもAOE5とかは無理でも、普通に出来る方法なので、これを防ぐ為にも
ノックダウンしないヒュージベースのモデルを入れたくなってしまいます。





 


スポンサーサイト

オスラムの強行軍(完)! その5 試合編IV

札幌スチームローラールールイベントの2戦目です!

違う卓の勝利者との対戦となりますが、おやまぁ~、今回のオスラム記事の1,2試合目の方との
対戦となりました。なので、お互いの編成の説明が ほぼ必要ありませんでした。騎兵がライト
ジャックに変わってるぐらいでしょうか。

試合は、シナリオ7のアウトフランク、中央の12インチのリングの支配する事でも勝利を
目指せます。それと珍しく、このルールはリーダーが後ろの方にいても、ペナルティーが
ありません。

しかしまぁ、初期配置とは思えないぐらいの位置に我が軍がいますね。こちらは射撃が多く、
丘の上の敵を下から射撃すると相手のDEFが2上がってしまうので、私は、丘を重要視して
右よりに配置しています。
P5030451.jpg

相手が先攻でゲームスタート、機動力のある騎兵で確保エリアでもある丘に進軍し、逆のエリアに
機動力あるライトジャックが移動してきました。後は、こちらの迎撃に備えてフィートを使いARMを
5上げてきました。
P5030453.jpg

相手の前進してきた両翼に、左は、ジャック2体とヘルン&ジョンで射撃しそれなりにダメージを
与え、右は、ドリラーとオグランアサルトと、フォージガード2体でチャージをし騎兵を2体撃退。
相手のフィートのせいで、2体倒すのに戦力を凄い使う事に。こちらも、相手の反撃に備えて
フィートでARMを2上げて、終了。
P5030454.jpg

相手は、体力の減ったライトジャックでこちらの射撃系ジャックを邪魔する位置に移動し、ヘビー
ジャック2体をドリラーにチャージさせHP2マス残す状態に。右の戦場では、騎兵にボコボコに
叩かれ、オグラン4体ドワーフ2体が倒され、ほぼ壊滅状態。
こちらも反撃をするも、左のライトジャックを倒すのが精一杯。コールマンにアバランチャーが射撃し
ましたが外れ、しかしAOEのずれが少なく、ブラトダメージでHPを4減らしました。
P503045.jpg

こちらは接近戦の戦力をほぼ失いそのまま押し切られると誰もが思っていた状況でしたが、
オスラムの魔法や射撃で相手リーダーへの視線を塞ぐ相手を処理し、オスラムのファイヤーフォー
エフェクトという射撃の命中とダメージにブーストがつく魔法がかかってるジョンでコールマンを
射撃しました。
P5030457.jpg
ジョンのRATは4でコールマンは丘の上にいたので、DEF18の状態でしたが、サイコロで
4・5・6が出て命中! そしてダメージでも4・5・6が出て、前のブラストで4ダメージあたえて
たのでなんと射殺に成功!

いや~射撃っていいものですね!一応、レーザーライトで射線が通ってるのは確認しなければならない
ぐらいギリギリの隙間からの射撃でした。 対戦ありがとうございました!


結果、戦鎚座のイベントで優勝する事ができ嬉しいですね!
ここで、オスラムの4戦を振り返ってみると、一応狙った通りの事は出来てたと思います。
初期配置の恩恵により後攻でも不利を感じる事もなく、オグランアサルトに盾になってもらい
戦力を減らす事なく接近戦に入れたフォージガード達、中盤以降に視線が相手に通るようになって
からの射撃の暗殺。勝ったり負けたりしていますが4戦やっても、変更したい部分はありませんね。

オスラムの連戦で思った事は、複数の射撃の効果でしょうか。相手はこちらの射線に入らないように
する為に盾役が必要になったり、リーダーが前に出れなくなったり 好き勝手に行動する事を
抑止する事が出来ていました。スチームローラーでなければ、後ろに篭る敵の行動にも効果は
あったでしょう。
射撃を多くすると接近戦に弱くなるのですが、今回はオグランアサルトコープスが、射撃と
白兵の両方のコンバインを持ち、HP8ある事で前線構築も出来るという万能さに、本当に
助けられていました。この編成のMVPは間違いなく彼等でしょう。


さて、オスラムばかりプレーしてきましたが、そろそろトロールやクリクスなどもプレーしたいです
ね!
特にトロールは2つほど試したい編成できてますし。マーセナリールーリックは、50Pに向けて
増強していこう!

オスラムの強行軍! その4 試合編III

5月に札幌の戦鎚座で行った、スチームローラールールのイベントに参加しました。
1日で決着をつける、参加人数4人のトーナメントでした。

本当は、トロールで参加する予定で準備してたのですが、参加するメンバーにホーズのルールを
知っているかわからない久々の参加者もいたので、ウォーマシンのマーセナリーで出陣する事にしまし
たが、後で聞いた話ではホーズも所持してたそうなので、問題なかったようです。

では1回戦目の説明をしましょう~

相手は、レトリビューションで、PP世界のエルフ、そうして私はドワーフがメインという
エルフVSドワーフの組み合わせです。ちょとロマンを感じますね~

試合はスチームローラーシナリオ4のファイアーサポートという、支援効果のあるオブジェクトがあり
その前方に確保目的のフラッグがあるシナリオです。相手の方は、オブジェクトの駒に
ガンダムのザクを持ってきていて、ちょっと ロボットが多く見えて お得?ですね。
P5030441.jpg

相手の先攻でゲーム開始、前方に配置されたユニットは両方ステルスがついていて、右翼がジャックへ
のダメージが上がる射撃ユニットで、左翼は射撃を持たない接近戦のユニットです。
そのまま、全軍で前進をしてきますが、カエリッサへの視線が結構通ってしまっていたので、
フィートを発動し、カエリッサや味方にステルスを付与しました。中央の水色の円は、魔法で
ラフテレインを設置したものです。
P5030442.jpg

こちらのターンに、右に配置されてた、オグランアサルトとヘルン&ジョンが、相手ユニットを射撃、
ステルスがついてるので命中はしませんが、付近に計8個のAOE3の範囲攻撃が降り注ぎ、
半数近くを倒せました。左も射撃をしながらオスラムを守るようにガードを固めて、次の相手の
攻撃に備えて、フィートでARMアップを実行。
P5030444.jpg

1番左の、ブラスターが射撃されまくるも、ARMが2上がってたおかげで、壊れずにすみ、右のオグ
ラン達もARMアップのおかげで、予想以上に倒されませんでした。逆に、温存できた戦力で反撃し
相手のライトジャックをチャージで破壊に成功!
P5030445.jpg

そのまま、私はオグランンのソロで相手の射撃ユニットをリーチに捕らえながら倒し、ドリラーで相手
のヘビージャックを倒し、着実に相手の戦力を減らしていき。
P5030446.jpg

カエリッサへの視線をさえぎる事を相手は出来なくなり、こちらの射撃にさらされカエリッサ撃破!
P5030448.jpg


1戦目の対戦ありがとうございましたー!


エルフとドワーフの対決でしたが、相手のステルスをこちらの豊富なAOEで、序盤に対処出来たのは
助かりましたね。それと相手は、ルーリック編成の予想以上の固さに、思うように倒せなかったようです。
こちらの射撃からカエリッサを守るためにジャックを使ったために、火力不足に陥ってましたね。

スチームローラーのシナリオの殆どはリーダーが後ろに下がると、相手にポイントを与えてしまうので
相手の射程内で戦わないといけない為の苦労ですね。

唐突なトロール成分~

試合の記事を読みつかれた貴方をトロールが癒します!

P5070459.jpg

現在、塗装が終了しているトロールブラッドを全部並べてみました。
元々は、下に敷いてるゲームマットを購入したので、上に駒を乗せてみたかっただけなんですが、
何故か、こんな事に。

オスラムの連戦は折り返し、近日中にブログを更新する予定です、ではまた~。

オスラムの強行軍! その3 試合編II

前の記事と同じ日の2戦目で、相手のウォーキャスターは、コールマンなのですが、
前の試合は時代が進んで昇進してたやつで、今回は若い日のコールマンです。
大名から馬は、まだ与えられてないのかな?(戦国脳)
 ※相手の駒にクリクスの駒が入ってますが、忘れてきた騎兵ソロの代用です。

シナリオは、前と同じで、先攻後攻を入れ替えて、相手が先攻でゲーム開始!
P4260389.jpg

相手は前進して、こちらが前に配置されてるので、フィートを使い味方のARMを5上げ、
さらに左翼の騎兵にARMが3上がる魔法をかけてきました。私は、それを迎えるように
ドリラーとオグランアサルトでチャージし、目の前に来た騎兵ユニットを倒しましたが、
戦場右のユニットにブラスターがスプレー射撃をするも合計ARMが8上がってる為、
少しだけHPを削るだけで倒すことは出来ませんでした。

なので、私もフィートを使い味方のARMを2あげて終了。
4260390.jpg

生き残った戦力で、近接攻撃の乱戦に発展!
P4260391.jpg

殴り合いは、私が不利な状況になりましたが、相手の戦力も減りコールマンへの視線が通るように
なったので、ウォージャック2体でコールマンへ射撃!
P4260392.jpg
しかし、残念ながらコールマンのDEF16の前に命中かなわず、倒せないままターンが終わり、
返す相手のターンでオスラムが倒されました。


乱戦は、楽しかったです、対戦ありがとうございましたー!


いい勝負だったのですが、結果負けてしまいましたねー。今考えると、オスラムの魔法でジャックを
動かし、ジャックの移動は放棄させて、エイミング射撃させるべきでしたね。
当時のサイコロは覚えてないので、それでも外れるような目だったかも?

編成に不満はなかったので、満足しています!




オスラムの強行軍! その2 試合編

さて、マーセナリールーリック オスラム35P編成の戦いの始まりです~
今までもオスラムを使ったバトルはしていますが、始めたばかりのマーセナリールーリックが 
どんなものか手探り状態で、今回のロスターはしっかり勝負するために編成されたものです。
編成については、前回の記事で詳しく書いてるので ここまでとして、ようするに勝ちを目指すぞー!
という気持ちが高めだという事です~


今回の試合は、スチームローラーのシナリオ3で、中央付近のフラッグの確保要素があるものです。
相手は、シグナーで近接ジャックと騎兵ユニットという編成です。
こちらの配置は、ロスターにより色々初期配置の特典を得ているため、前方に配置できてるのと、
オグランのユニットをアドヴァンス対象にしてるので、中央付近に配置できています、そして彼らの
足元辺りに塹壕のテレインが置かれています。この配置が、このロスターの基本として考えています。

では、ゲーム開始です!
P4260385.jpg

前に配置出来てる状態なのと、射程を4インチ延長するスペルがかかった状態でスタートしているので
オグランは、ランする事なく歩きながら すでに相手を射撃しています。
86.jpg

相手は、AOE3の射撃を嫌い、広がりながら前進。相手の右翼のユニットは減らせたのですが、
左翼が丘の裏から来たので、無傷で接近してきてるので、対応するためにドワーフのフォージガードを
右側に展開。
P4260387.jpg

そうして、相手に対応した結果 薄くなった中央を射撃でドワーフユニット2体を倒された所に
相手の騎兵キャスターがフィートを使ってからオスラムにチャージ!
P4260388.jpg
フィートでチャージアタックが自動命中になったコールマンにより、オスラムは倒されました。
ついでにオスラムの前にいたオグランは、インパクトアタックで消し飛んでいます。

見事に単身特攻で倒されて 勝負あり! ありがとうございましたー


う~む、この遠距離からの高火力にチャージされて負けるパターンが私は多いですね。
だいたいが、盾役が予想よりもたなかったり、チャージが届くとは思っていなかったりとかが
理由です。今回は、その両方が相手のチャージを受ける要因となってしまってます。

ドワーフは盾にならないと言ってるのに、また盾役に使ってるし……
負けるべくして負けたといったところですかね、次がんばりましょ!

オスラムの強行軍!  その1  編成編

タイトルの通り、ここ最近行った4試合に使用した、オスラムの35Pロスターの記事です。

編成の内容は下のようになっています。

111110.jpg



今までのオスラムを使用した試合の問題点を解決しようとして出来た編成で、
問題点として、HP1のドワーフユニットでは、壁役が困難という事でHP8のオグランユニットを
入れ。機動力で劣るため、シナリオ戦で先攻を取れないと、確保戦が難しかったので、
マーセナリー ルーリックかオグランのみで編成するThe Searforge Commissionという契約方式と
オスラムのテーマフォースの編成条件をTIER4まで満たす事により、以下のようなスペシャルルールを
受ける事にしました。

・初期配置エリアを4インチ前方まで延長
・1ユニットにアドバンスディプロイメントを付与
・自陣に塹壕テレインの配置
・オスラムのアップキープスペルを唱えた状態で開始
・バトルグループは開幕の移動にSP+2

この編成は、どういう戦いをする目的なのかというと、アバランチャー、オグランアサルト、ヘルン&
ジョンのAOE3 射撃で相手を削りつつ、相手に前に出る事を強制し、相手がリーダーを射殺され
ないように視線を切る為にそれなりの戦力を使わせて、敵が近づいてきたらバックグランドブラスター
のスプレーで攻撃しつつ、ドリラーの攻撃とオグランの後ろに控えていたフォージガードが、オスラム
の能力でウォリアーモデルを通過できるので、オグランを通過しながらチャージを決めるような流れを
想定しています。

その後はゲーム次第で戦うしかないのですが、射撃が豊富なので、隙あらば相手のリーダーを
射殺する事を狙っていく編成となっています。

この後4試合分、このロスターを使用した記事が続く予定なのですが、同じロスターの記事が続くの
で、今までよりダイジェストな感じで、短期間にアップしようと思います。

トロールもやりたい事がいっぱいあるので、どんどんゲームしていきたいな~。

歩く砲台君!

今回の感想は、マーセナリー ルーリックの現在存在しているライトウォージャック2種類です。
2種類といっても、機体の上の砲台の違いなので、見た目や性能がよく似ています。

以前の記事で書いた、オリーブド ラブで塗った、愛称シャーマン号と ジャーマングレイで塗ったジャーマン号です。
思ったよりも両方の色が暗いため、見分けづらくなってしまった!左がジャーマン右がシャーマン
P4270411.jpg

グランドバック ブラスター (左 2台) ライトウォージャック

 他のファンクションのこういう型のライトは大抵DEFが高いのですが、さすがルーリックの
 ジャックでDEFが12しかありません、だがARMが18もあるという、避けないけど硬いを
 実践しています。

 機体の上に搭載している砲台はスプレー射撃するものでSP8 POW10という性能です、
  ジャックのスプレーにしてはPOWが低すぎるのですが、1つ特徴があり、このジャックの
 能力で、1フォーカスで全部の命中とダメージがブーストされるので、スプレーの悩みの1つの
 沢山敵を効果範囲に捕らえても、命中やダメージにダイスをまわし切れないという事が解消されて
 います。

 なので、相手の多少DEFがあるユニットにも大打撃を与える事ができる為、かなり優秀な
 ジャックです。


グランドバック ガンナー (右 2台) ライトウォージャック

 上で紹介した機体と同じ能力値を持つ同コストの機体。
 違いは、こちらの砲台はスプレーでは無く、単発射撃のレンジ12 POW12という性能と
 なっています。
 能力も1フォーカスで命中とダメージがブーストされるのですが、こちらは上の機体程の
 恩恵ではありません。

 十分優秀なのですが、上の機体が優秀すぎるので ちょっと損している感じがあります。
 キャスターの魔法などでスプレーじゃない射撃が欲しい場合じゃないかぎり、上の機体より優先して
 入る事は無いかもしれません。ルーリックジャックでなければ、色々な場所で使われても
 おかしくない性能なんですけどね。


今回の感想を書いた2台ですが、二次大戦のドイツ戦車とアメリカ戦車のように、ちょっと性能に差が
ある感じとなっていますね。ただ両方ともコストが3という安さなので、使い捨てる感じで両方を
沢山入れるという編成も可能だし、実際活躍できる気がします。
機会があったら2台づつ入れてみようかな?

 
 
 
検索フォーム
リンク
ツイッター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。