スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロールのライトウォービースト達

紹介していなかった、私が現在所持してるライトウォービーストのトロール達です。
若干、私のトロールでは使用率が低めとなっている3体ですが、だからといって弱いわけじゃありません。
そんな3体の感想です。後はカエルっぽいライトを紹介してないのかな。

P3290297.jpg

ナイトトロール (左) ライトウォービースト

  特徴として、ステルスである事とリビングモデルに対して色々な能力を持っています。
  リビングウォリアーモデルへのチャージにフォースがいらなかったり、リビングモデルに攻撃をあてると
  相手は、1ラウンドDEFが下がり、ランとチャージが出来ないという特性です。

  アニムスは、周囲で行動を始めたWR/WC以外のリビングモデルは、発動者に近寄るようにしか移動
  出来ないというコントロール系です。

 序盤の牽制や邪魔、中盤のサポート役。 シナリオにおいて、相手の移動方向を縛るなど
 とても便利なトロールです。
 使用率が低い理由は、私は序盤の邪魔役はユニットにやらせる事が多いという事と以前はシナリオを
 やる事が少なかったので、移動の誘導より優先したい事があった為です。
  逆に、今は、シナリオでしか遊んでいないような状況なので 今後は使用率が上がっていくのかも。


ウィンタートロール(中央) ライトウォービースト
 
 8インチの氷のスプレー射撃で、クリティカルすると相手はステーショナリーします。
 1番の特徴はアニムスで、相手が周囲で行動を終了するとステーショナリー状態になるもので、
 他者にかける事が出来るため、生存能力に秀でた、たとえばガルガンチュアとかにかけると
 相手は、かなり困った事になるでしょう。

 アニムスに期待して出す為、前線に出せないので、前線を他でしっかり築けないと入れづらいというのが、
 使用率を下げています。


ストームトロール (右)ライトウォービースト

 電気属性の射撃を行い、当たるとその周囲1D3体に電気ダメージを与えるのが特徴。
 アニムスは、メレーをヒットさせると最寄の1体に電気ダメージが飛ぶ。

 それと相手はウォージャック限定で、メレー攻撃を受けて、その攻撃で倒されなかった場合
 相手は、ディスラプションします。

 はっきり言ってしまうと、相手がウォーマシンなら強いトロールで、ホーズ相手なら
 無難なトロールといった感じです。相手を見て編成する環境じゃないので、他より優先度が
 下がっている感じでしょうか。



以上が、今回の感想です。ナイトトロールは、もっと使いたいですね、ウィンターは、ガルガンチュアと
組ませて使いたい、ストームトロールは、PP公式の試合形式のスチームローラーなら2つロスターを
書いて、使用する方を選ぶので、その場合なら片方のロスターには入れようかな~というところかな?
 
スポンサーサイト

可愛い奴ら!

私が、PPゲームをクリクスでスタートした理由は、今回紹介する彼等の見た目に惹かれたからです。
特に下の写真の ユニットの方が大好きです。今でもPPの中では1番好きですね。

P3240292.jpg

実際、そう思う人も多いらしく模型の展示会で展示した時、このモデルに反応する人が結構いました、中には女性も喜んでいました。そんなクリクスアーミーの彼等の感想を始めましょう。


バイルスラルズ (左 6体)ユニット

  能力値的には、殆どの能力が低く数値で戦う事は難しい部隊です。
 MAT能力は無く、RATが3なのでノーマルアタックには期待が持てません。
 ですが、弱い部隊では無く、逆に強力な部隊で、その理由が彼等の持つ特殊能力です。

 前方180度6インチの範囲内のLOSが通る全てのモデルにコロジョン属性のPOW12の
 自動ヒットのレンジアタックを行う能力で、相手のユニットや、ソロなどを簡単に倒す事が
 出来る強力なものです。変わりに、そのレンジアタックを行ったモデルは、リムーブされます。

 個人的に、リスクを負って相手に何かするタイプの攻撃が大好きなので、見た目も性能も大好きな
 ユニットです。相手にしてみれば、リスクになってないよ!というレベルでしょうけどね。


ブロートスラル (右)ソロ

 上で言った女性に反応されてたモデルはこちらです。まぁ、アメリカの子供向けアニメのモンスターっぽい
 ですからね。
 性能としては、レンジ12インチ AOE5のコロジョンダメージの遠距離射撃がお仕事となってます。

 それとこのモデルが、倒される間際にその場にAOE5のPOW14のダメージが発生するので、味方との
 位置にも気をつけたいところ、相手の近くで これを発生させる手もあるけど。

 RATが4なので、DEFが高い敵を相手にする場合はズレでブラストを当てるか、エイミングボーナスを
 つけないと いけないところでしょうか。



25ポイント以上の戦いには、バイルスラルズは毎回入れてる気がします。それは、彼等しかユニットを
持っていなかった時期が長かったせいもあるでしょうね。
ブロートスラルは、駒数が少ない段階では、使いにくかったので序盤の使用率はドンソン下がっていった
記憶があります。どちらも大好きな駒なので、今後も使用していきたいと思います。

蒼 リターンズ

今回は、前の記事で書いた試合の2試合目で、その記事を見た前提で書かれてる部分があります。

この試合は、前の試合と先攻 後攻と 場所を入れ替えておこなってみました。
スチームローラーは、先攻の初期配置が3インチさがり、陣地は後攻の人が選ぶようになってます。
なので、今回は私が先攻で相手が前と逆の陣地を指定したという事になっています。

では、二試合目いってみましょ~。

P3150270.jpg

そして、もはや語る事がない1ラウンド目の両軍の前進。

P3150271.jpg

今回の左翼のフェンブレイズ部隊の足が速いのと、相手は射撃編成なので1ラウンドの裏で
既に撃たれて倒されています。

P3150272.jpg

2ターン目は、相手の前線の崩壊と射撃をさせない目的で、前線全てにチャージをしています。
前の試合の暗殺で、前に出るのが怖くなったので、ウォーロックを岩山の陰に。

P3150273.jpg

相手の前線は吹飛ばせたものの、返す相手のターンでヒュージベースの2人に左翼のフェンブレイズを
ほぼ倒されてしまいました。

P3150274.jpg

中央と右翼で、残ってた敵のユニット達を倒しつつ コロッサルに攻撃を加えました。
ですが、アーケインシールドが無いのに硬い! 1/3ぐらい傷を負わせたものの、バトルエンジと中央に壁を
作られてしまいました。一応、スチームローラーの目的の1つ、相手のオブジェクトの破壊をこなし
ポイントを確保していきます。

P3150275.jpg

さすがに2ターンもかければコロッサルを壊す事が出来、バウンサーが相手のリーダーに攻撃を加え
1回だけですが攻撃を当て、ほぼ瀕死に。

P3150276.jpg

コロッサルに傷を負わされていた、こちらのウォービーストをエンジンやEケインに倒されてしまい。
フューリーを吸える仲間も、ダメージトランスファーする事もできなくなりました。

ですが、私は、あとリーダーで確保点をとれば終われる状態なので、相手はそれを妨害する為と、寄らないと
こちらのリーダーを撃つ事が出来ないので中央のエリアにエンジンとウォーキャスターが入りました。

P3150277.jpg

やっと巡ってきたチャンス! 今回のリーダーは射撃を3タイプの攻撃方法から選び、ROFも3あるリーダー。
その中の1つの10インチスプレーで、エンジンの後ろにいるEケインを射撃で倒して勝負あり!

対戦ありがとうございました~!



いや~前の試合は最速で終わった感じでしたが、今度は かなり長時間のゲームになりました。
一応2人とも、スチームローラーの時間設定を気にして時間を計りながら試合してたのですが、
両者とも大幅に時間をオーバー、私は計67分も時間を使ってました。

理由は、私がトロールのユニット編成というのが大きかったと思います、私のターンで時間がかかるのは
当然ですが、相手の番でも 毎回タフチェックが入るのが時間ロスの要因でした。

時間以外としては、私のコンセプトである誰かすり抜けてリーダーを攻撃というのが、
ヒュージベースが2体相手にいたために、中央付近をすり抜ける事が出来ず、外を回ろうとするなら
前線の枚数が足りなくなるために、相性的に やりたい事が無理な相手の編成でした。
コロッサルは想定してましたが、エンジンもきたか~という感想でしたね。

一応、ユニットの火力を上げるものは入れてましたが、アーケインシールドが相手に有ったら
正直倒せない 編成だったかもしれません。
ノリでミドルベース統一をやったせいで火力が足りませんでしたね。
それと、ウォーロックが生きながらえてたのは、自陣の岩山のおかげでしたね。

色々考えさえられる2試合でしたが、ここまでのユニット編成は、時間がかかるから、
トロールでは当分やる事は無いかな~。

それと、ヒュージベース越しの攻撃としてアーチングファイアーやスプレーは有効なのだろうか。

蒼の銃声 蒼の咆哮 

今回の50Pのゲームは、お互い公式では青系で塗られるイメージのトロールとシグナーのゲームです。

先に編成画像をお見せしましょ~。
sg.jpg

学級写真の様になってますが、気にしない方向で、未使用のリーダーを使おうを引き続きやっていこうかと思い、
グリッセル ブラッドソング・マーシャル・オブ・ザ・クリールズを使用する事に決めました。

彼女の魔法にコントロール範囲のウォリーアモデルのSPDアップとフリーアタックを受けなくするのがあったので、
大人数でこれをやれば誰かしらすり抜けて相手のリーダーを倒せるんじゃないか?とう感じで編成しました。
 その為、後はトロールのユニットの攻撃性能が高いユニット3つと、それをサポート出来る物で固め、
ウォービーストは、そのサポートを守れるようにシールドガード持ちのバウンサー、リーダーのROF3を活かせる
ように射程を延ばせるインペイラー、相手に硬い敵がいた時にクロニクラーの能力を活かしたいのでリーチ持ち
のアクサーを選択、バウンサーを2体持ってたら バウンサーにしかったところでした。

この日 シグナーの50Pとお互い同じ編成で2回ゲームをしたうちの1回目の始まり~
P3150266.jpg

公式の2015年版スチームローラーのデストラクションでゲームをする事になり、相手の先攻で開始で、
相手のリーダーは、エピックのケインでフィートを使った射撃の爆発力があるキャスターです。

P3150267.jpg

PPゲームのシナリオ系は1ラウンド目は、お約束のお互い前進というところです。この時私は、ストーンベアラーに
全てのフューリーを預け、ストーンベアラーでARMが上がるオーラーを展開しました。

P3150268.jpg

2ラウンドの先攻で、相手が レンジャーをこちらのリーダー付近に寄せ、その5インチ以内の敵への
RATが上がった状態で、Eケインのフィートを使った射撃や射撃ユニットで、ウォーロックの前にいたモデルを
粉砕、そのままウォーロックも倒されるという結果に、まさか距離がある状態のDEF15 ARM19 
シールドガード1回できる状態で射撃で倒されるとは思っていませんでしたわ~。

対戦ありがとうございました!


この試合でEケイン怖いな~と思いましたが、ここまでの状況を作ったのはレンジャー部隊によるRAT上げです、
これがなければ、Eケインも命中にブーストを使わないといけないし、ユニットの射撃をもっと避けれたはずです。

射撃編成とレンジャーの組み合わせの危険性を実感できた試合でした。
それにすぐ負けたからこそのメリットもあるのです、もう1ゲーム 50P出来る時間ができたよ!



ガ・・・ガルガンチュア!

今回は、ヒュージベースのトロールのガルガンチュアと、それに関連するソロ達の感想です。

ガルガンチュアは、ヒュージベースで、ノックダウンやステーショナリーもせず、コントロールを奪われる事もなく、本人のアクティベーションの移動のタイミング以外では、移動する事が無いという鉄壁の壁としての性能を持っています。
いかなるゲームでも基本的にリーダーを倒されると勝負がつくPPゲームにおいて、かなり重要な事です。
同じヒュージベースにはバトルエンジンもありますが、基本的に耐久力の差でエンジンは、
LOSを遮る手段としてはよいですが、壁というには心もとないところがあります。

そして、ガルガンチュアは 耐久力だけではなく攻撃力も高いため相手にとっては とても嫌な存在となっています。
極端な射撃編成で無い限り、基本的にゲームの中心になる場合が多いです。


P3140263.jpg

では、駒の感想に入ります。


トロール ウェルプス(右 5体)ソロ

 攻撃手段をいっさい持ってない、2Pで5体入るソロです。
 配置の時に、置かない事を選択でき その場合は味方のウォービーストがダメージを受けた時に
 その近辺に出現する事ができます。
 彼らの仕事は、味方ウォービーストの近くで、溜まってるフューリーを減らしたり体力を回復する代わりに
 リムーブされます。あと、敵のそばにいると相手はアタックロールにペナルティーをうけます。

 性能的には以上なのですが、他でも活躍する場面があり、ダメージ時に出現した事により この後の敵の行動を
 妨害するように配置したり、ソロなのでシナリオ時の確保に使う事などもできます。
 かなり便利な存在です。


マウンテンキング(左)ガルガンチュア

 この記事を書いてる時点で使えるトロールのガルガンチュアで、スプレー攻撃か両手で攻撃する事ができます。
 こうしてみると、ガルガンチュアの中では手数が少ない部類なのですが、アクティベーション中1回だけ
 リビングモデルをメレーで倒すとスプレー射撃を即座に1回行えるという能力を持ってるので、
 アンデット編成や、ジャック編成でもないかぎり
 メレーとレンジ両方する感じとなります。

 他の能力としては、テラーがついてるので、近寄っただけで相手がフリーする可能性と、マウンテンキングが
 ダメージをうける度に上で説明したウェルプスが何回でもポコポコ出現する能力を持っています。

 とてもタフで強力なモデルですが、毎試合使うと コイツが暴れるかどうかの 単調なゲームに
 なりかねない。 


というわけで、基本的に今回はガルガンチュアの感想だったのですが、使われたりした時は、強いな~程度の
感想でしたが、使ってみたら 強すぎるわ!というのが正直な感想です。
来るとわかってれば対策もできるでしょうけどね。
50P戦には いるものと考えた方が無難かもしれません。

個人的にファンクションは限られますが、マーセナリーのソロのタリン・ディラ・ロビッシのシャドウファイアーが
低コストでのヒュージベースの対策になってると思います。
ヒュージベースを配置して、これでリーダーは安全などと思ってる余裕を無くしてあげましょう。

普通の対策としては、自分もガルガンチュアやコロッサルを使う、倒されていいものを用意しておく、
すぐに倒せるだけの火力を編成に組み込むなどでしょうか。

色々書きましたが、ガルガンチュアがいるゲームといないゲームでは 結構変わるので
違った遊びを提供しているのかなとも思うので、楽しい気がします。

ゲームアクセサリー

最近ミニチュアを塗るだけではなく、テレインなども製作していました。
傾斜のない、機能的な1インチと2インチの丘を合体させてできる3インチの丘や
6インチの岩山、PPゲームのスチームローラー用の6×12インチのエリアを4つなど
他にも細かい物を色々作ったのですが、なかなか楽しいものですね。

でも戦鎚座には、もう十分なテレインがあるので、これはもっぱらお家テレインにする予定で、
荷物が少ない時ぐらいは持っていくかも。
P3130262.jpg

クリクス、クライクス、クリックス、多いのは、どれんなじゃろ

ウォーマシンのクリクス バトルグループのミニチュアです、前のメタルのやつです、(本人は、運搬の重量でプラ派)
PPゲームで1番最初に買った物は、このセットなので、塗りが今とは違う気がします。

 最初 私はウォーマシンのシステムに馴染めず あまりプレーに積極的じゃなかったですね、
その後買った トロールでホーズ側のシステムが私には楽しかったのでPPをするようになりました。

たぶんホーズに比べてマシーンの方が動かしにくい印象があったんだと思います。事前の計画通りにいかないと
リカバリーが難しいのとリーダーが前に行きづらいからですね。
今となっては、ある程度PPゲームになれて そんな処も楽しんでますが。
もし、ウォーマシンが合わないと思った人は、ホーズにも触れてみるといいかもしれません。

しかしバトルグループ1体ぐらい、他のボーンジャックに出来なかったのだろうかと思ってしまう~。
※クリクスではヘビージャック=ヘルジャック、ライトジャック=ボーンジャックと呼びます。

P3100195.jpg

では、以下は駒単体での感想です。


ウォーウィッチ・デネグラ(中央 前)ウォーキャスター

 個人的に非の打ち所が無い性能のウォーキャスター、ステルスもちで、フィートが物凄く、フォーカスを含めた
ほぼ全ての相手の能力を下げるもの。

スペルも、6つあるのですが、全て強力なものばかり。デネグラ相手では、相手のDEFとARMはさげられまくりです。
 フィートと魔法で相手のSPDを下げれるので相手は、チャージも ままなりません。
 他にも ノックダウン、ゴーストリー付与、スプレー攻撃、相手を操り1回攻撃させるなど色々な魔法があります、
 なので、 物足りなさを何も感じないので ほぼデネグラしかやってない、私がいる…… 
 見た目がクリクスで1番好きなリーダーというのもありますが。

 あ~、新しいバトルグループのプラ版のニューデネグラ手にいてれ、納得いくまで改造して使いたい!
 単品売りしておくれー


スレイヤー(中央 後)ヘルジャック

 コスト6のヘビージャックで両手オープンフィストと、頭の攻撃で素で3回も攻撃できる
 完全に近距離用ジャック。 3回攻撃をあきらめれば、両手を使った、強烈な1撃をする事が可能。

 コスト含めて、ハイスペックにまとまったいいジャック。ただ、コロッサルやエンジンが出てこない環境ならば
 コストを1点足すと、リーパーという、色々揃いすぎてるジャックがいる、特徴が違うので問題ないけど。


デスリッパー(左2体)ボーンジャック

 売りはアークノードとDEF15とSPD7なところ、戦闘能力は、特殊能力を入れて考えれば水準はある。
 素早い移動と回避でアークノードとして活躍する事だと思うので エンゲージしたくないが、
 後1撃で相手ジャックが倒せるとかなら SPD7をいかして トドメをさすために旅立とう。

 あと、支援を受けないユニットなどでは、攻撃を当てるのも大変なので、ユニットを拘束する役も。


ディファイラー(右)ボーンジャック

 上で説明したデスリッパーとほぼ能力は同性能でデスリッパーが接近戦の攻撃型なら、
 こちらはスプレーの射撃型,アークノードとしては射撃なのは嬉しいがコストが1増えるのが問題。

 ユニットが並んでいるなら、こいつのスプレーとアークノードを使用したキャスターの魔法で
 大打撃を与えたり出来る。


以上が、クリクスのバトルグループの感想です。デネグラのデバフ能力で普通に戦えますが
バランスがいいとは言えない編成な気がします。でも、各個体は いい物なんで、今後増強していけば
それぞれ使う場面が出てくるので、無駄になる駒は無い気がするから問題無いのかな?



かくも美しき名前のしらべ

P3070154.jpg
マーセナリーは、基本的にクリーム色で統一しようかと思ってましたが、多少色味が欲しいというのと、
このジャックは、砲台だけ換装した別のジャックがいるので、色わけしたいという理由で、クリーム色をやめました。

本隊は、イスラエル軍カラーだし、こいつらはアメリカ軍カラーでオリーブドラブで塗りました。
なので、心の中で、アメリカ軍戦車にちなんでシャーマン1号 2号と呼んでます、
じゃあ、換装機はドイツ軍の色で塗って、ジャーマン1号と2号だな!

35Pの戦争

さてと、今回の記事の試合が3月1日にした1試合目です。
35Pのトロールブラッドとエバーブライトのブラブラ対決です。

1戦しか記事にする予定では無かったのですが、友人がせっかくツイッターでブログを宣伝してくれたのなら、
頑張ってしまうよ! というわけで、使いまわしの部隊紹介だ! ドドンッ!

P3020126.jpg

とりあえず、使った事ないウォーロックにしたかったのと、サンズ オブ ブラッグを使いたい、ソロも3体試したい
という感じで編成されました。

サンズ オブ ブラッグが、自分たちでフェルコールを使うので、他の未使用のウォーロックのグリッセルの
NとEとは相性がいいとはいえないので、消去法でカランドラとなりました。

それでもって、やはり未使用のソロが3体いて、それが彼らで、キスカーはフェンブレイズを強化するソロなので、
フェンブレイズも確定、射撃が足りない気がしたので、ブリッツァーとスラッグが決まり、クロニクラーの能力の為に
リーチ持ちのビーストが欲しかったのでバウンサーを入れて、後は、ルーンベアラーは、いても問題ないだろうから、これで完成!

では、試合とまいりましょう~
o1.jpg

モシュピットとは、3ターン以降に中央の円の範囲にいるのを自分たちだけにすれば勝ちという感じです。
相手からスタートです、相手にはミニオンのアンブッシャーがいて、2R目に横から出る事を選択しています。

o2.jpg

相手は、とりあえず前進してきます。

o3.jpg

こちらの番で、シュレッダーが前に出てたので、ブリッツァーの射撃で倒しました、
後は、相手のチャージにそなえ、クロニクラーでフェンブレイズにメレーで彼らを倒したら
ノックダウンの効果を使いました。

o4.jpg

オグランのチャージと横からアンブッシャーがランで近寄ってきて左翼が囲まれます。
結構タフに成功したのですが、オグランのアサルトの前に ほとんどのフェンブレイズが
倒されました。ですが、多くのオグランがノックダウンしたのが救いかな?

o5.jpg

ヴェンジェンスの能力と普通の攻撃で、ノックダウンしてるオグランと、横から来たアンブッシャーを
あらかた倒したのですが、倒すのに戦力をかなりさいてますね。

06.jpg


そして、相手のウォーロックに確保エリアにいたユニットを倒され、ウォービースト2体をスラムで
土俵から追い出されシナリオ負けで勝負あり!

ルーンベアラーを犠牲にして1体にストラングルホールドをかけてスラムを封じるべきでしたね。

対戦ありがとうございましたー

15Pの戦争

毎月、第一日曜日は、札幌で活動してる戦鎚座の活動日!(ステマッ!

というわけで、今月も遊んできました。私は、トロール35P2戦とマーセナリー15Pを1戦してきましたよ~。

今回は、その中の15Pマーセナリー(私)とメノス(相手)戦の試合風景?の記事です。

相手の方とは、もう何度も遊んだ事もあるので、15ポントのマーセナリーデビュー戦に
サクッと遊ぼうと、気楽な感じで試合しました。まだリーダー以外は基本色のみです。
この前 二次大戦の戦車を作ったばかりなので、ジャックは、これに汚しをするだけの方が、いいのではとか思ってしまいます。

では、私の部隊は、こんな感じです。
msn.jpg
コンセプトは、マセナリー ルーリックのスタートセットがあったら、こんな感じだろうかです、
ソロの人はいないでしょうけどね。

では、ゲームを開始しましょ~
m1

ルーリクだけで編成したので、初期位置が4インチ伸びるので、最前線に並びました。

m2.jpg

双方1ターン目は、前進で、私は遠距離射撃系なので、射撃しながら、お互いの距離が近づいていきました。

m3.jpg
お互いがぶつかる距離になり、オスラムの魔法で射撃させたいジャックをメレーから剥がしながら
相手のリーダーのクレオスに集中砲火をしたのですが、クレオスの信仰心がまさりHP1残り

返す相手の番で、フィートで転んだ処にクレオスが馬乗りで殴打という感じで勝負あり!

対戦ありがとうございました~


初、マーセナリーであり、久しぶりのウォーマシンのなので なんか新鮮でした、
普段は、ホーズでトロールしかやってませんからね、でも こういうゲームもいいな!
検索フォーム
リンク
ツイッター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。